記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright © 2010-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

室町・戦国時代の歴史・古文書講座

歴史学研究者、古文書講師の秦野裕介がお届けする室町・戦国時代の知識です。

後花園天皇ノート

後花園天皇をめぐる人々ー一休宗純

いわずとしれた一休さんです。♪「好き好き好き好き好き好き」の一休さんです。テレビアニメが懐かしいです。 一休が後小松天皇の落胤である、というのはどの程度信ぴょう性があるのか、と言う問題ですが、島津氏のご先祖が源頼朝の落胤である、というよりは…

後白河天皇聖忌の意味

宝徳三年三月十三日は後白河天皇聖忌ということで長講堂で御経供養が行われ、後花園天皇の側近の坊城俊秀(嘉吉の乱の綸旨の奉者)が派遣されています。 どの天皇の記念日を取り上げるか、というのは極めて政治的な意味合いを含みます。そもそも全ての天皇の…

常盤井宮恒興王への親王宣下

宝徳元年十月二十三日、『康富記』には次のような記載があります。 今夜法親王宣下也。勧修寺宮令蒙此宣給。太上法皇之御養子也。実者常磐井宮御子也。元令任大僧都給云々 彼は諱を恒興といい、1431年に直明王の第二王子として生まれ、1509年に遷化…

後花園天皇、やってしまいかける

永享十年のことです。 足利義教が桜の枝を後花園天皇に献上しました。 後花園天皇はそれに対して「御製」(天皇自作の和歌)を贈ります。 すゑとおき 八百万代の 春かけて 共にかざしの はなをみるかな それに対して義教からは次の二首が返ってきました。 す…

嘉楽門院の父親

嘉楽門院は後花園天皇の下臈で、後土御門天皇の生母です。彼女は室町時代のシンデレラです。 藤原孝長という地下の家の娘として生まれた彼女は和気郷成、後にその子の保家の猶子となり、さらに大炊御門信宗の猶子となって後花園天皇に召され、寵愛を受けます…

敷政門院の病

『看聞日記』(かんもんにっき)と言えば、室町時代に関心のある人ならば必ずどこかで関わっているはずの日記です。このブログでもしばしば言及していますが、もう一度復習しておきますと、後花園天皇の実父である伏見宮貞成親王の日記です。しばしば「看聞…

穢について

この年の後花園天皇の生涯については穢(けがれ)の問題が二回出てきます。 閏二月二十七日、軒廊御卜(こんろうのみうら)が行われます。これは吉田社が「五体不具穢」となったためです。 これはネット上ではまた間違いが散見されるのですが、意味は身体の…

後花園天皇をめぐる人々ー足利義政3

足利義政と後花園天皇の関係について、です。 義政が無能だったのはほぼ争うところがないのですが、廷臣としては有能だった、という意見もあります。実際、彼は後花園院政における院執権を務めていたのでその見解は正しいでしょう。 ただ、寛正の飢饉の時に…

後花園天皇をめぐる人々−足利義政2

足利義政に対するイメージって、どんなものでしょう。 無能、無気力、趣味に生きた人、人に抑圧されて自分のやりたいことをできなかった人、文化・芸術を大成した人。 なんとなく義政は政治に関心がなかったようなイメージがあります。 しかしそれは「全部嘘…

後花園天皇をめぐる人々−足利義政

後花園天皇といえばこの人を外すわけにはいかないでしょう。足利義政です。 しばしば無能ぶりが注目される人物です。私は以前その見方はおかしいのではないか、と疑問を持ち、いろいろ調べたことがあります。 結果は・・・ 無能としか言いようがありませんで…

明皇帝の使節と面会した後花園天皇関係者

永享六年八月五日、『看聞日記』にこういう記事があります。 早旦御乳人内裏へ帰参。今日唐人室町殿へ参。可猿楽仕云々。御乳人も可見物由被仰。仍忩出京。 明皇帝の使者の雷春が来日し、義教を日本国王に冊封する手続きが行われたのですが、その時に猿楽を…

小倉宮からの献上品

永享七年八月二十五日のことです。 『看聞日記』に次のような記載があります。 自南朝小倉殿、後朱雀院、後三条院両代之宸筆御記二合、室町殿へ被進。則内裏へ被進云々。 以上の短い文言ですが、「南朝小倉殿」とは、後亀山天皇の孫の小倉宮聖承です。後花園…

文正元年の政情不安について2

応仁の乱の直前に起きた政情不安についてですが、震源地が斯波武衛家であるらしいことは前回少し書きました。 若くて当主が次々と死んでいった斯波武衛家ですが、若い当主の後見として一門の大野斯波家から斯波持種がやってきますが、もう一人後見していたの…

文正元年の政情不安について

後花園院政が開始されてしばらくすると世情不安が訪れます。 文正元年(1466年)には近衛家では累代の記録類を岩倉に避難させています。これが結果的に当たり、近衛家は記録類を消失させずに現代にまで貴重な記録類を伝えてくれたのです。 一条家では一…

後花園天皇と空虚な中心としての天皇制

東島誠氏は下記著作で「天皇制とは中世後期の所産であるーこの結論は決して意外ではない」といいます。 選書日本中世史 2 自由にしてケシカラン人々の世紀 (講談社選書メチエ) 作者: 東島誠 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/06/11 メディア: 単行本(…

後花園天皇をめぐる人々ー後土御門天皇3

後土御門天皇について以前に渡邊大門氏の『戦国の貧乏天皇』を紹介いたしましたが、末柄豊氏が新しい『戦国時代の天皇』(日本史リブレット)を出しています。 戦国時代の天皇 (日本史リブレット) 作者: 末柄豊 出版社/メーカー: 山川出版社 発売日: 2018/07…

後花園天皇をめぐる人々ー後土御門天皇2

末柄豊氏に「天皇と室町殿の微妙な関係」という文章があります。『新発見!週刊日本の歴史』室町時代3に入っています。 週刊 新発見!日本の歴史 2013年 12/15号 [分冊百科] 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2013/12/03 メディア: 雑誌 この商品を含…

後花園天皇をめぐる人々ー後土御門天皇

息子です。次の天皇です。遺体を40日間放置され腐敗してしまった、ともっぱらの噂です。五回も「朕は退位する」と宣言して、結局最後まで退位しなかった「やめるやめる詐欺」の人です。 とまあ、あまりいいイメージのない天皇ですが、実際父親の後花園天皇の…

日野本家について

汚ったねぇ字で恐縮ですが、日野家と天皇家・将軍家の系図です。ポイントは日野宗家を中心に書いているところです。 つまり日野時光の子孫のうち、資教ー有光ー資親が日野家嫡流です。 資康ー重光・康子・栄子ー義資・宗子・重子ー勝光・富子は日野家の庶流…

後花園天皇をめぐる人々ー嘉楽門院

後花園天皇をめぐる人々、本日は嘉楽門院藤原信子です。 ざっくり言うと後花園天皇の愛妻です。 出自が宮廷に上がることが考えられないほど低かったとされています。『管見記』には噂として地下の楽人の娘というのが書き留められていて、それがのちに事実で…

後花園天皇をめぐる人々ー足利義教

後花園天皇をめぐる人々、今回は足利義教です。 言わずとも知られた籤引き将軍。このくじ引きについてはヤラセ説も根強いですが、多数説はヤラセではないとされています。私も多数説に従いたいと思います。 足利義満の五男として生まれています。生母は足利…

後花園天皇をめぐる人々ー後小松院

後小松天皇、第百代天皇、南北朝合体の時の天皇、一休宗純の父と言われる、足利義満の傀儡、足利義満による王権簒奪の対象。 彼を表す言葉は、当たっているものから、現在は否定されているものまで多くあります。 ただ彼を一言で表すと残念ながら「暗愚」の…

後花園天皇をめぐる人々ー貞成親王2

貞成親王後編です。 後花園天皇をめぐる多くの人と同様、彼の運命も、後花園天皇の皇位継承で激変します。 今までことあるごとに「計会」(やりくりがきびしい)とこぼしていました。また崇光院の崩御後は要人の往来も絶え、寂しいかぎりでした。 しかし天皇…

後花園天皇をめぐる人々ー貞成親王

言うまでもなく後花園天皇にとって最大の影響を与えた、と言っても過言ではない人物です。実父です。教養人で、風流な人であった彼の教養・素質を後花園天皇はよく引き継いで後世に「近代の聖主」とか「中興の英主」とか讃えられるようになった、と言われま…

後花園天皇をめぐる人々ー東御方

厳密に言えばこの人は後花園天皇に直接深く関わった人ではありません。幼少期に彼の面倒を見ることはあったにせよ、伏見宮家の先代の栄仁親王の妻の一人で、王子を生んでいます。 三条実継の娘です。実継のひいひい孫が実雅と尹子なので、一応足利義教とも関…

後花園天皇をめぐる人々−敷政門院庭田幸子

後花園天皇の実母です。 この時代の女性の名前についてまずお話しします。 我々は源頼朝の妻の北条政子や足利義政の妻の日野富子の例を見て、日本で夫婦同姓が全く伝統ではないことを知っています。 ただこれは少し注意を要します。 頼朝が知らない政子とい…

後花園天皇をめぐる人々−御乳人

後花園天皇をめぐる人々について、備忘録的にまとめていきます。 第一回目は、普通に考えれば実父の後崇光院か実母の敷政門院になるのでしょうが、その辺はとりあえずウィキペディアでも見ればそこそこわかるので、ここでは御乳人と呼ばれた後花園天皇の乳母…

禁闕の変

これについて一番詳しく記述がなされているのが、『看聞日記』です。何せ実際に巻き込まれた「御乳人」(後花園天皇の伯母で乳母)が貞成親王に報告しているからです。御乳人は貞成親王の妻の幸子の兄重有の妾で、幼少時の後花園天皇を養育していました。養…

天皇、綸旨を取り消されたってよ5

荒れ果てた神泉苑。そこに現れた唐橋在綱の家人たち。 「ここの土地は俺たちが天皇様から拝領したんだ、ヒャッハー!!!!」 神泉苑を管理していた長福寺とその管理者である東寺が訴え出た。 「あいつら、嘘ついて天皇様の綸旨をもらってやりたい放題です」…

天皇、綸旨を取り消されたってよ4

綸旨を取り消されるということはよくあるのでしょうか。不勉強なんでその辺はわかりませんが、御成敗式目にも「掠め給わる」という言葉が出てきますので、昔からお上を騙して不正に補助金やらを「掠め給わる」悪党はいたんでしょう。この場合補助金を出した…