記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright © 2010-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

室町・戦国時代の歴史・古文書講座

歴史学研究者、古文書講師の秦野裕介がお届けする室町・戦国時代の知識です。

穢について

この年の後花園天皇の生涯については穢(けがれ)の問題が二回出てきます。

 

閏二月二十七日、軒廊御卜(こんろうのみうら)が行われます。これは吉田社が「五体不具穢」となったためです。

 

これはネット上ではまた間違いが散見されるのですが、意味は身体の一部が欠損した遺体があった場合の穢です。犬などが遺体の一部を運んできて隠した結果、穢が発生する、という形です。厳重に警戒していてもトビが骨の一部を落として発生することもあります。

 

完全な遺体が存在した場合は死穢といい、30日間の触穢となることが決められていますが、遺体の一部の場合は七日間と短縮されます。

 

もう一つは七月二十六日です。

 

死穢が禁中に発生し、多くの公家が触穢となりましたが、後花園天皇石清水八幡宮放生会を無事に行うために触穢となっていない公家に出席を命じています。

 

穢の内容ですが、禁中に犬に食われた嬰児があった、ということなのですが、これを見て後花園天皇や廷臣がこの嬰児に哀れみを催すことはなかったでしょう。翌月の石清水八幡宮放生会が無事行われるかどうか、で頭が一杯だったでしょう。

 

我々からすれば「いやいや、その赤ん坊の運命に想いをはせろよ」と言いたくなりますが、当時の支配階級の考えはそんなものです。

 

その赤ん坊が生前に犬に食われて死亡したものか、死亡した遺体を廃棄してそれが犬に運ばれて禁中にやってきたのか、わかりませんが、とりあえずそこに過酷な現実があることは事実です。

 

この点については故三浦圭一氏が「下克上の時代の一側面」(『中世民衆生活史の研究』思文閣出版、1981年、初出1969年)において嬰児殺害の事例をいろいろ述べていらっしゃいますが、そこでフロイスの『日本史』の記事を挙げています。そこでは嬰児を殺すために「母親が幾分の人間らしさを示そうとすれば」「犬が食いに来る濠の中に子供を投げ込む」とあります。三浦氏はこれについて「宣教師にとって黙止すべからざる惨状が、当時の日本人にとっては日常化し、麻痺しているかの如き様子」(277ページ)と述べていらっしゃいます。

 

当時の人間の意識などそのようなものだ、というのは簡単です。問題は現在の我々が今みてどう考えるか、です。子供の問題にしても、穢による差別の問題でもそうです。問われているのは後花園天皇やその周辺の人々の考えではありません。現在の我々がそれを見て、現在の価値観に照らしてどう考えるか、が問われているのです。

後花園天皇の生涯ー文安四年正月一日〜十二月三十一日

文安四年
正月一日、四方拝、小朝拝、御薬供、元日節会
建内記、師郷記
二日、殿上淵酔、上戸に出御、天覧、御薬供
建内記、師郷記
三日、御薬供
建内記、師郷記
五日、叙位
建内記、師郷記、続史愚抄
七日、白馬節会、出御
建内記、師郷記
八日、後七日御修法、太元帥法
建内記、東寺長者補任、東寺執行日記、続史愚抄
十一日、県召除目延引
続史愚抄
十二日、節分、別殿に方違行幸
建内記、師郷記
十六日、踏歌節会
師郷記、続史愚抄
二十八日、祈年穀奉幣使御点
建内記
二月四日、祈年祭、春日祭延引
建内記(正月二十七日)、師郷記、続史愚抄
五日、釈奠延引、この夜内侍所御神楽追行、行幸
師郷記、続史愚抄
九日、園韓神祭延引
師郷記
十一日、大原野祭延引、禁中にで松囃子、猿楽あり
師郷記、建内記(十九日)
十五日、再び釈奠延引
師郷記
十六日、再び春日祭延引
建内記、師郷記
二十一日、園韓神祭追行
師郷記
二十二日、蹴鞠、出御
建内記
二十三日、大原野祭追行
建内記、師郷記
二十五日、釈奠延引、この夜別殿行幸
建内記(二十日・二十五日)、師郷記
閏二月十七日、軒廊御卜、先月に五体不具穢(野良犬などによって体の一部がかじられた遺体があったことによる穢。完全な遺体による穢よりは軽い)が吉田社にあったため
師郷記、続史愚抄
三月三日、御灯、御拝
師郷記、建内記
六日、読書を九日より再興すべき旨仰せ下す
建内記
七日、蹴鞠
八日、別殿行幸
建内記、師郷記
九日、大外記清原業忠参内、大学などを進講
建内記、師郷記
十二日、吉田社一社奉幣使を発遣、この日安倍有仲、天曹地府祭を修す、これ諸寺社に怪異があったため。
建内記、師郷記、続史愚抄
十四日、貞常親王に二品宣下
師郷記、建内記続史愚抄
十七日、県召除目追行
建内記(十五日・十六日・十七日)師郷記(十五日・十六日・十七日・十八日)、続史愚抄(十五日・十六日・十七日)
十八日、この日より禁中で文殊八字法を修す
師郷記、続史愚抄(十八日・二十四日)
二十三日、貞成親王太上天皇の尊号を宣下するために廷臣に勅問
建内記
二十四日、小除目
師郷記、続史愚抄
三十日、御楽始
師郷記
四月一日、旬、平座
師郷記、続史愚抄
六日、稲荷祭
東寺執行日記
十一日、平野祭、同臨時祭、松尾祭
建内記、康富記、師郷記
十二日、梅宮祭
建内記、康富記、師郷記
十四日、御談義、大外記清原業忠進講
建内記
十五日、吉田祭延引
康富記、師郷記
二十一日、祈年祭追行、この日別殿行幸、鴨社御蔭山祭
建内記、康富記、師郷記
二十三日、日吉祭
建内記、師郷記
二十四日、賀茂祭
建内記(二十二日・二十四日・二十五日)、康富記(二十二日・二十四日・二十五日)、師郷記(二十二日・二十四日・二十五日)
二十五日、清原業忠参内、論語を進講
師郷記(二十五日・二十九日)
二十七日、吉田社仮殿遷宮、吉田祭追行
建内記、師郷記
五月七日、今宮祭
康富記
十八日、五山に祈祷を仰せ付ける。旱のため
康富記
二十四日、祈雨奉幣延引
建内記、康富記
二十七日、延暦寺六月会
建内記、師郷記
六月三日、春日社仮殿遷宮日時定ならびに祈雨奉幣延引
康富記
六日、春日社仮殿遷宮日時定を追行
建内記、康富記、師郷記(五日)
この日、別殿行幸
師郷記
十一日、月次祭、神今食延引
康富記、師郷記
十四日、祇園御霊会
建内記(七日・十四日)、師郷記(七日・十四日)
十五日、祇園臨時祭
建内記、師郷記
この日前摂政太政大臣一条兼良に関白氏長者兵仗牛車等の宣下
建内記、康富記、師郷記
十八日、六角堂本尊観世音の本堂遷座
続史愚抄
十九日、春日社仮殿遷宮
師郷記、続史愚抄
三十日、大祓
師郷記、続史愚抄
七月一日、月次祭、神今食追行
建内記、師郷記
七日、乞巧奠、御製の詩、詩歌を廷臣に提出させ、二星に供す
建内記
十六日、山名持豊治罰綸旨を畠山持国に賜うとの噂、そのため山名方は騒動となり、管領細川勝元が内裏の警護を厳重にする。勅使を勝元に遣わし、綸旨はデマと知らせる
康富記、師郷記
この日祈雨奉幣使を発遣
建内記、康富記
十八日、御霊祭御輿迎
師郷記
二十六日、昨夜より禁中触穢、応永十二年の例により来月の石清水八幡宮放生会に触穢していない公卿以下参向すべきよし仰せ下す
建内記、康富記、師郷記。続史愚抄
八月四日、北野祭延引
康富記、続史愚抄
八日、釈奠
康富記、師郷記
十五日、石清水八幡宮放生会
康富記、師郷記(十五日・十六日・十七日)、東寺執行日記
十六日、駒牽延引、禁中穢による
康富記、師郷記
十八日、御霊会
師郷記
九月三日、御灯
師郷記
八日、軒廊御卜、伊勢神宮怪異による
康富記、師郷記
九日、重陽節句、平座、駒牽
康富記、師郷記
十日、内宴
師郷記
十一日、伊勢例幣、一社奉幣附行、神宮怪異
建内記、康富記、師郷記
十三日、蹴鞠、和歌会
師郷記
十月一日、旬、平座
康富記、師郷記
十四日、貞成親王に勅使で院号宣下についてこの年に行うことの内旨を行う
看聞日記
十六日、春日社立柱上棟日時定、この夜亥子の儀
建内記、師郷記
二十一日、春日社立柱上棟
建内記
十一月八日、平野祭、同臨時祭行う、春日祭延引
建内記、師郷記
九日、梅宮祭
建内記、師郷記
十二日、春日社正遷宮日時定
康富記、師郷記
十三日、園韓神祭延引
建内記
十四日、鎮魂祭
康富記、師郷記
この日大外記清原業忠、孟子を進講
建内記
十五日、新嘗祭
建内記、師郷記
十六日、豊明節会を停め、平座、この夜春日社正遷宮
建内記、康富記、師郷記
二十日、春日社追行、この日吉田祭
康富記、師郷記
二十二日、貞成親王参内、院号宣下が近いため
看聞日記、師郷記
二十四日、大原野
康富記、師郷記
二十五日、園韓神祭追行
康富記、師郷記
二十七日、貞成親王太上天皇尊号宣下、封戸二千戸のことを仰せ出す、但し落飾後により随身の宣下なし
看聞日記、建内記、康富記
この日春日若宮祭
建内記
二十八日、太上天皇に銀剣を賜う
この日、廷臣参内し、昨日のことを賀す
十二月三日、別殿行幸
師郷記
十五日、太政大臣一条兼良の関白拝賀
康富記、師郷記
十七日、この日より禁中において一字金輪法
仁和寺御伝、師郷記
二十日、太上天皇詔書の覆奏
看聞日記、師郷記
二十二日、北野祭追行、同臨時祭は延引
康富記、続史愚抄
二十六日、北野臨時祭追行
康富記
二十七日、貢馬御覧
師郷記
二十八日、月次祭、神今食追行
康富記、師郷記
二十九日、内侍所御神楽、この日追儺、大祓
師郷記

後花園天皇をめぐる人々ー足利義政3

足利義政後花園天皇の関係について、です。

 

義政が無能だったのはほぼ争うところがないのですが、廷臣としては有能だった、という意見もあります。実際、彼は後花園院政における院執権を務めていたのでその見解は正しいでしょう。

 

ただ、寛正の飢饉の時に後花園天皇が義政を漢詩で諫止したことを感謝し、崩御時も見守っている、というような話になりますと眉唾です。

 

というのは、義政は後花園天皇漢詩による諫止には、一旦は応じたものの、結局最終的には作っています。義政の気持ちを想像すると「反省してま〜す、ちっ、うっせーな」というところでしょう。

 

義政の無能ぶりを示すネタとして、寛正の飢饉の時の義政の対応が使われますが、これは冤罪ではないかと思っています。東島誠氏も義政が無策だったわけではなく、彼なりに機動的な財政出動などを行っていることを指摘しています。東島氏が指摘する義政の失敗は、飢饉が京都の住人ではなく、周辺地域の人々に被害を与えているので、洛内で炊き出しをすると「京都に行けば食える」という夢をいだいて京都を目指すが、京都に着くや、力尽きて命を落としていった、という「罪作りな善意」にある、ということです。

 

〈つながり〉の精神史 (講談社現代新書)

〈つながり〉の精神史 (講談社現代新書)

 

 

この点で義政を批判するのはある意味冤罪っぽい気もしないではありません。造営も人々に食と職を与えるための公共事業という藤木久志氏の説もあります。

 

飢餓と戦争の戦国を行く (読みなおす日本史)
 

 

義政の真意はわかりません。したがって後花園天皇がこれを批判したことの評価も差し控えます。

 

義政が後花園天皇の最期を看取り、戦争が続いて危険な中、その危険を顧みずに後花園天皇の葬礼に参加した、という話からは、義政が後花園天皇に寄せていた並々ならぬ敬愛の情を看取ることができます。

 

後花園天皇は父を早くに失い、予定されてもいなかった将軍職についてしまった義政にとっては父のようなものであった、と言ってよいでしょう。この時期の綸旨には幕府の追認をする形が多く、幕府からの要請で出されていることを明示したものばかりになっていく、という研究結果もあります。これは究極は天皇と幕府が一体化を強めていくことの現れであり、公武対立史観から離れてこれを見ると、天皇と幕府がウィンウィンの関係にあることを示しています。義教時代には義教が後花園天皇を立てていました。義政時代には後花園天皇が義政をサポートし、義政政権を強化していった、と言えるでしょう。後花園天皇の時代にまさに公武統一政権が完成した、とも考えられます。

 

しかし義政の無能失政で幕府の威信は急速に低下します。

 

 この本では義政の無能ぶりを見事に描いています。「前言を翻しすぎる」「常に強そうな方に付く」。まさに義政の生き方です。ただ「強そうな方に付」いた結果、室町幕府の、そして朝廷の基盤を崩壊させたわけですが。

 

後花園天皇には顔向けできなかったのではないか、と思います。もっとも義政の性格ならば、自分の失政の結果、こうなった、と認識していない可能性も高いですが。

後花園天皇をめぐる人々−足利義政2

足利義政に対するイメージって、どんなものでしょう。

 

無能、無気力、趣味に生きた人、人に抑圧されて自分のやりたいことをできなかった人、文化・芸術を大成した人。

 

なんとなく義政は政治に関心がなかったようなイメージがあります。

 

しかしそれは「全部嘘さ」(爆風スランプ「リゾラバ」より。)

www.youtube.com

 

一番すごいのが延徳改元の時です。義政は中風に倒れて右手が動かなくなったのに、色々動いています。執念です。

https://www.hi.u-tokyo.ac.jp/publication/syoho/03/pub_shiryo-08-28.html

 

そもそも、義政が政治に関心をもたず、文化的なことだけに専心してくれていたら、守護家への余計な介入もなく、あそこまでややこしくならなかっただろうし、山名宗全が暗愚な義政ではなく聡明な義視を推した時にあっさり引き下がって義視政権が成立して応仁の乱は起こらなかっただろうし、義尚に将軍を譲った後、あっさり引退してくれていたら義尚もあそこまでこじらせることもなかったし、奉公衆と奉行人の対立もなかったでしょう。無能なくせに政治に執念を燃やす男、それが義政だったようです。

義政の話はあと一回続く予定です。

後花園天皇をめぐる人々−足利義政

後花園天皇といえばこの人を外すわけにはいかないでしょう。足利義政です。

 

しばしば無能ぶりが注目される人物です。私は以前その見方はおかしいのではないか、と疑問を持ち、いろいろ調べたことがあります。

 

結果は・・・

 

無能としか言いようがありませんでした。

 

寛正の飢饉での対応を私は批判するつもりはありません。飢饉で大量の餓死者が出ている中、御所を造営するなど贅沢三昧という見方は藤木久志氏や東島誠氏によって否定されつつあります。少なくとも義政はこの問題に従来にはない新しい方法で対応しようとしていた、とされています。

 

義政が無能なのは、守護への一貫性に欠ける介入です。畠山持国の後継者争いで畠山義就(よしひろ)と畠山政長の間でウロウロして結局応仁の乱を引き起こしたことは有名です。これは畠山家中が割れていたこと、そこに細川勝元山名宗全連合が介入して畠山氏をガチで潰そうと動いていたことを差し引いても、もう少し動きようがあった、というか、動かない方がよかった、ということが言えるでしょう。

 

少し詳しく説明しますと、嘉吉の乱後に幕政の主導権を掌握した畠山持国ですが、かれの後継者をめぐる争いが出現します。実子の義就がいたのですが、いろいろややこしい事情があって、畠山家中では義就が持国の実子であることが保証できないという状況が出てきます。こういう事例は他には足利義満の子の友山清師にあります。友山清師の母は中山親雅の妻だったのですが、義満の側室になります。清師は親雅の血を引いているのか、義満の血を引いているのかわからなかったせいか、義持死後のくじ引きにも加わっていません。

 

義就の血筋が信用できない、ということで持国の後継者に選ばれたのが持国の弟の持富でした。しかし義就可愛さのあまり、持国は持富を廃嫡して義就を後継者に指名します。持富は唯々諾々と従いますが、持富の死後、持国に反発する家臣団は持富の遺児の弥三郎(政久とも、義富とも)を擁立しますが、弥三郎の死後、弥三郎の弟の政長を擁立します。

 

弥三郎・政長を推して義就に対抗したのが細川勝元山名宗全です。これ、どこまで詳しく記すべきか、悩ましいところではあるのですが、とりあえずざっくりまとめますと、義就が一旦は義政から気に入られて畠山後継者争いに勝ちますが、独善的な行動が多く、義政の信頼を失い、政長が勝元らの支持を得て畠山家を継承することになります。

 

後花園天皇に関係することを言えば、弥三郎が死去し、政長が継承した頃、紀伊国根来寺との合戦に義就が大敗したことをきっかけに幕府は義就の家督を剥奪、さらに後花園天皇の治罰綸旨が出されて朝敵となったために義就は河内国嶽山城に立てこもり、そこで二年間抵抗します。

 

まあそのあといろいろあって一四六六年末に宗全は突如義就を支援することに決め、義就を上洛させます。

 

義政は当初は政長支援の姿勢でしたが、突如義就に乗り換えます。尋尊はその一貫性のなさを非難しますが、義政は、一貫しないことについては一貫しています。要するに勝ち馬に乗る、というのが義政の一貫した政治思想だったようです。

明皇帝の使節と面会した後花園天皇関係者

永享六年八月五日、『看聞日記』にこういう記事があります。

早旦御乳人内裏へ帰参。今日唐人室町殿へ参。可猿楽仕云々。御乳人も可見物由被仰。仍忩出京。 

 明皇帝の使者の雷春が来日し、義教を日本国王冊封する手続きが行われたのですが、その時に猿楽を見せようとしたのでしょう。その儀式に後花園天皇の乳母も呼ばれたので、急いで京に帰った、という記事です。義教がわざわざ後花園天皇の乳母の「御乳人」を招待するのが目につきました。

小倉宮からの献上品

永享七年八月二十五日のことです。

 

『看聞日記』に次のような記載があります。

南朝小倉殿、後朱雀院、後三条院両代之宸筆御記二合、室町殿へ被進。則内裏へ被進云々。 

 以上の短い文言ですが、「南朝小倉殿」とは、後亀山天皇の孫の小倉宮聖承です。後花園天皇践祚の前後に伊勢に出奔し、北畠満雅の乱に加わったのち、帰洛して、王子を義教の猶子に入れ、義教の一字を拝領して教尊と名乗らせ、勧修寺に入室させます。この段階で小倉宮家は断絶が決定していたので、彼らは永享六年に決定した南朝の子孫の断絶策の影響は被っていません。ただ生活には困窮していたようで、この時には本人も海門承朝長慶天皇皇子で南禅寺133世、相国寺30世)を戒師として出家していました。ただそれでも生活は厳しかったのか、家宝を足利義教を通じて後花園天皇に寄贈することで、その返礼を狙ったのでしょう。

 

このような状況は南朝の皇胤に限ったことではありませんでした。伏見宮家でも家に代々伝わる柯亭という笛を後小松院に献上して何とか宮家の存続を図っています。小倉宮家の場合はとっくの昔に断絶は内定していましたから、宮家の存続ではなく、当面の宮家の財政を支えるための工面でしょう。

 

この日は後花園天皇の笙初の日であり、故後小松院の仙洞御所の取り壊しが始まった日でもあります。後小松院は仙洞御所に崩御後に貞成親王を入れることはまかりならん、と遺詔を残していました。義教はその遺詔に明確には違反しないために、仙洞御所を取り壊してその建物を貞成親王に献上して伏見宮家の御所を造営した上で、仙洞御所の跡地を貞成親王にこれも献上してしまいます。後小松院の遺詔は完膚なきまでに踏みにじられたわけです。義教の後小松院への意趣返しでしょう。