記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright © 2010-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

室町・戦国時代の歴史・古文書講座

歴史学研究者、古文書講師の秦野裕介がお届けする室町・戦国時代の知識です。

後花園天皇の生涯

後花園天皇の生涯−康正三年正月一日〜長禄元年十二月晦日

康正三年正月 一日、御薬供、元日節会 清贈二位宗賢卿記 二日、御薬供 続史愚抄 五日、叙位 続史愚抄 七日、白馬節会 続史愚抄 八日、女叙位を延引、太元帥法を行う、後七日御修法は停止 続史愚抄 十一日、県召除目延引 続史愚抄 十六日、踏歌節会 山科家礼…

後花園天皇の生涯−康正二年正月一日〜十二月晦日

ちなみにこの年は後花園天皇が仙洞御所に方違え行幸を頻繁に行っています。仙洞御所の主の父の法皇(貞成親王)が病気になっていたようです。この年八月二十九日、八十五歳で「崩御」します。 貞成親王が実際に法皇待遇だったのは「崩御」という表記からも明…

後花園天皇の生涯−享徳四年正月一日〜康正元年十二月晦日(七月二十五日改元)

享徳四年正月一日、小朝拝、御薬供、元日節会清贈二位宗賢卿記、師郷記、続史愚抄二日、御薬供、殿上淵酔清贈二位宗賢卿記、師郷記三日、御薬供師郷記五日、叙位清贈二位宗賢卿記、師郷記、康富記七日、白馬節会、出御管見記、清贈二位宗賢卿記、師郷記、康…

後花園天皇の生涯−享徳三年正月一日〜十二月晦日

享徳三年正月一日、四方拝、御薬供、小朝拝、元日節会、出御康富記、師郷記二日、御薬供、殿上淵酔康富記、師郷記三日、御薬供師郷記五日、叙位康富記、師郷記七日、白馬節会康富記、師郷記八日、太元帥法を行う、後七日御修法は延引康富記、続史愚抄十一日…

享徳二年正月一日〜十二月晦日

享徳二年正月一日、四方拝、御薬供、元日節会師郷記、続史愚抄五日、叙位師郷記、続史愚抄七日、白馬節会師郷記、続史愚抄八日、後七日御修法、太元帥法東寺執行日記。続史愚抄十一日、県召除目延引続史愚抄十六日、踏歌節会師郷記、続史愚抄二月一日、別殿…

後花園天皇の生涯−宝徳四年(享徳元年)正月一日〜十二月晦日

宝徳四年正月一日、四方拝、御薬供、元日節会師郷記、清贈宗賢卿記、続史愚抄二日、御薬供、殿上淵酔師郷記、続史愚抄三日、御薬供師郷記、続史愚抄七日、白馬節会、別殿行幸師郷記、続史愚抄八日、後七日御修法、太元帥法東寺執行日記、続史愚抄十一日、県…

後花園天皇の生涯−宝徳三年正月一日〜十二月三十日

宝徳三年正月一日、四方拝、御薬供、元日節会師郷記五日、叙位師郷記七日、白馬節会師郷記八日、後七日御修法、太元帥法東寺執行日記、続史愚抄十一日、県召除目延引続史愚抄十六日、踏歌節会師郷記二十九日、内侍所御神楽追行、昨年末五体不具穢による師郷…

後花園天皇の生涯−宝徳二年正月一日〜十二月三十日

宝徳二年正月一日、四方拝、小朝拝、御薬供、元日節会康富記、師郷記二日、御薬供、殿上淵酔康富記、師郷記三日、御薬供師郷記五日、叙位延引康富記、師郷記六日、叙位を追行康富記、師郷記七日、白馬節会康富記、師郷記八日、後七日御修法、太元帥法東寺執…

後花園天皇の生涯−文安六年(宝徳元年)正月一日〜十二月三十日

文安六年正月一日、四方拝、小朝拝、御薬供、元日節会出御、敷政門院のことにより国栖歌笛停止師郷記、続史愚抄二日、御薬供、殿上淵酔は停止師郷記三日、御薬供師郷記五日、叙位師郷記七日、白馬節会、出御、但し立楽を停止師郷記八日、後七日御修法、太元…

後花園天皇の生涯ー文安五年正月〜十二月

文安五年正月一日、四方拝、小朝拝、御薬供、元日節会、出御康富記、師郷記、続史愚抄二日、御薬供、殿上淵酔康富記、師郷記三日、御薬供康富記、師郷記五日、叙位康富記、師郷記七日、白馬節会、雨儀、出御康富記、師郷記八日、後七日御修法、太元帥法康富…

後花園天皇の生涯ー文安四年正月一日〜十二月三十一日

文安四年正月一日、四方拝、小朝拝、御薬供、元日節会建内記、師郷記二日、殿上淵酔、上戸に出御、天覧、御薬供建内記、師郷記三日、御薬供建内記、師郷記五日、叙位建内記、師郷記、続史愚抄七日、白馬節会、出御建内記、師郷記八日、後七日御修法、太元帥…

文安二年正月一日〜十二月晦日

文安二年 正月一日、小朝拝停止、御薬供、元日節会 師郷記、続史愚抄 五日、叙位 続史愚抄 七日、白馬節会 続史愚抄 八日、後七日御修法、太元帥法 東寺長者補任、東寺執行日記、続史愚抄 十一日、県召除目遠因 続史愚抄 十六日、踏歌節会 続史愚抄 二十九日…

嘉吉四年(文安元年)正月一日〜十二月晦日

嘉吉四年 正月一日、四方拝、小朝拝、御薬供、元日節会 建内記、師郷記、続史愚抄 二日、殿上淵酔、出御 康富記 六日、叙位追行 康富記、師郷記 七日、白馬節会、出御 康富記、師郷記 八日、後七日御修法、太元帥法 康富記、東寺執行日記、続史愚抄 九日、別…

嘉吉三年正月一日〜十二月三十日

嘉吉三年 正月一日、小朝拝、御薬供、元日節会 看聞日記、管見記、続史愚抄 二日、殿上淵酔 看聞日記 六日、叙位追行 看聞日記、管見記 七日、白馬節会 看聞日記、管見記 八日、後七日御修法、太元帥法 東寺執行日記、続史愚抄 十一日、県召除目 続史愚抄 十…

嘉吉二年正月一日〜十二月三十日

嘉吉二年 正月一日、四方拝、御薬供、元日節会 管見記、師郷記、続史愚抄 五日、叙位 管見記、師郷記、続史愚抄 七日、白馬節会 管見記、師郷記 八日、後七日御修法、太元帥法、この日、前内大臣西園寺公名に本座宣下あり、大臣本座宣下の始まり 管見記、東…

永享十三(嘉吉元)年正月〜十二月三十日

永享十三年正月一日、四方拝、小朝拝、元日節会 看聞日記、管見記、師郷記 二日、殿上淵酔、御薬供 看聞日記(二日、三日) 五日、別殿行幸 師郷記 六日、叙位追行 看聞日記、管見記、師郷記 七日、白馬節会、この日降雪、御製を梅枝に添えて貞成親王に賜う…

永享十二年正月一日〜十二月三十日

永享十二年 正月一日、四方拝、出御、小朝拝、御薬、元日節会 建内記、師郷記 二日、殿上淵酔、御薬 建内記、師郷記 三日、御薬 建内記 五日、叙位延引 建内記 六日、叙位を追行 建内記、師郷記 七日、白馬節会、出御 建内記、師郷記 八日、後七日御修法、太…

後花園天皇の生涯−永享十一年正月一日〜十二月三十日

永享十一年 正月一日、四方拝、小朝拝、供御薬、元日節会 薩戒記、師郷記 二日、殿上淵酔、供御薬 薩戒記、師郷記、続史愚抄 三日、供御薬 続史愚抄 五日、叙位、御前の儀 薩戒記、師郷記 七日、白馬節会 薩戒記、師郷記 八日、後七日御修法、太元帥法 薩戒…

後花園天皇の生涯−永享十年正月一日〜十二月三十日

永享十年 正月一日、四方拝、小朝拝、供御薬、元日節会 師郷記、管見記、続史愚抄 二日、殿上淵酔、供御薬 看聞日記、師郷記、続史愚抄 三日、節分、別殿行幸、供御薬 師郷記、続史愚抄 五日、叙位 師郷記、管見記 七日、白馬節会、出御 看聞日記、管見記、…

後花園天皇の生涯−永享九年正月一日〜十二月三十日

永享九年 正月一日、四方拝、小朝拝、御薬供御、元日節会、出御 看聞日記、師郷記、続史愚抄 二日、殿上淵酔 看聞日記、続史愚抄 五日、叙位 看聞日記、師郷記、続史愚抄 七日、白馬節会 看聞日記、師郷記 八日、後七日御修法、太元帥法 東寺執行日記、続史…

後花園天皇の生涯−永享八年正月一日〜十二月三十日

永享八年 正月一日、元日節会、供御薬 看聞日記、続史愚抄 二日、殿上淵酔、供御薬 看聞日記 五日、叙位 続史愚抄 七日、白馬節会 看聞日記 八日、後七日御修法、太元帥法 東寺執行日記、続史愚抄 十一日、県召除目延引 続史愚抄 十六日、踏歌節会 看聞日記 …

後花園天皇の生涯−永享七年正月一日〜十二月三十日

永享七年 正月一日、当代初度の四方拝、小朝拝、供御薬、元日節会 看聞日記、師郷記、続史愚抄 二日、殿上淵酔 看聞日記 五日、叙位 看聞日記、師郷記、続史愚抄 七日、白馬節会 看聞日記、師郷記 八日、後七日御修法 満済准后日記、東寺執行日記、東寺長者…

後花園天皇の生涯−永享六年正月一日〜十二月三十日

永享六年 正月一日、四方拝、小朝拝を停止、元日節会停止、平座、諒闇による 看聞日記、師郷記、満済准后日記 二日、殿上淵酔停止 看聞日記 五日、叙位停止、諒闇による 看聞日記、師郷記、続史愚抄 七日、白馬節会停止、諒闇による 師郷記、満済准后日記 八…

後花園天皇の生涯−永享五年七月一日〜十二月三十日

看聞日記 七月十二日、祈雨奉幣 師郷記 十八日~二十七日、永享の山門騒動、延暦寺の強訴や馬借の入洛に備え、源氏物語などを火災に備えて貞成親王に預ける。足利義教、もし神輿が内裏に侵入の際には動座を奏上 看聞日記、師郷記 閏七月三日、馬借京都に侵入…

後花園天皇の生涯−永享五年正月一日〜六月三十日

永享五年正月一日、四方拝停止、小朝拝あり。元日節会、出御 看聞日記、師郷記、管見記 二日、殿上淵酔 看聞日記 三日、紫宸殿で元服、加冠摂政太政大臣二条持基、理髪左大臣足利義教、御遊 看聞日記、椿葉記、管見記、薩戒記、師郷記、御遊抄、続史愚抄 四…

後花園天皇の生涯−永享四年正月一日〜十二月三十日

永享四年正月一日、四方拝停止、小朝拝、元日節会、出御 師郷記、看聞日記、続史愚抄 二日、殿上淵酔、出御 看聞日記 五日、摂政二条持基の直盧で叙位 看聞日記、師郷記、続史愚抄 七日、白馬節会 看聞日記、満済准后日記、師郷記 八日、後七日御修法、太元…

『新撰長禄寛正記』における後花園天皇

『新撰長禄寛正記』は名前の通り、長禄・寛正年間(1457〜1466)までの畠山氏の内紛などを中心に幕府の動きを記録した史料です。文明年間には成立していたと考えられていますが(群書解題)、後花園天皇を「御花苑院」と書いているところを見ると、…

後花園天皇の生涯−永享三年正月一日〜十二月三十日

永享三年の後花園天皇の動静です。 非常に安穏に、何事もなくのんびりと進んでいるように見えますが、実はこの年には畠山満家、細川持之らが足利義教に意見を進言するとか、義教が非常に頼りにしていた大内盛見が戦死するとか、飢饉で米価を釣り上げる商人が…

後花園天皇宸翰消息

後花園天皇の宸翰消息です。宸翰とは天皇の直筆のことです。後花園天皇の宸翰消息は散らし書きという特殊な書き方で書かれています。 しかし読みたい現物は宮内庁の所蔵で、国文研のサイトに載せられていますが、思いっきり「禁無断転載」とあります。こんな…

後花園天皇の生涯−永享二年十月一日〜十二月三十日

十月一日、旬、平座 師郷記、建内記 十月七日、太政官庁で御禊次第司着座、この夜内宮上棟日時定 師郷記 十四日、御禊点地、この日貢馬御覧 看聞日記、師郷記、 十九日、御禊幄分、御井点地、この夜祈晴奉幣行われ、また女騎馬御覧 師郷記 二十日、太政官西…